古川美術館特別展「高山辰雄 平松礼二 松村公嗣 〜文藝春秋表紙絵とその芸術」
講座・イベント

イベント

山辰雄、平松礼二、松村公嗣。独自の日本画を作り上げた3人は、『文藝春秋』表紙絵を描き、それぞれにバトンをわたしてきました。山辰雄は、生きることの神秘を感じさせる精神性の高い絵画を追及し、日展を舞台に活躍し、文化勲章を受章。文藝春秋では1987年から13年間、身近な風景や人物を題材としながら無限なる世界を表現し珠玉の時を刻んできました。
平松礼二は、革新的な日本画を目指し、「路」シリーズや、日本絵画の本質的な装飾性に着目した「ジャポニスム」シリーズを展開しています。文藝春秋では2000年から11年間、日本各地や日本と縁の深い外国を旅して、新しい日本画の創造をしてきました。
そして2011年から現在まで表紙絵を描く松村公嗣は、院展を主な舞台として活躍しています。国内外の風景や自然、人との出逢いから得た感動を多彩なテーマで展開し、時に叙情的に、時に力強く、いのちの輝きを表現してきました。
本展では、文藝春秋の表紙絵という一年の流れの中で描いてきた作品をご紹介すると同時に、山辰雄、平松礼二、松村公嗣が、日本画家として表現してきた大作も同時に展覧します。

開催期間

  1. 2019年 10月 19日から 2019年 12月 8日 まで(毎週 日曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜)
  2. 月曜日休館(ただし11月4日は開館、翌日休館)

開催会場

  1. 古川美術館

受講費用

  1. 大人1000円 高大学生500円 中学生以下無料(分館爲三郎記念館との共通券)

申込み

  1. 申込先:
    古川美術館
    〒 464-0066 愛知県名古屋市千種区池下町2−50
    TEL:052-763-1991 FAX:052-763-1992

その他

  1. 松村公嗣アーティストトーク: 展覧会出品作家であり、現在、「文藝春秋」表紙絵を手掛ける松村公嗣氏によるアーティストトークを、2019年10月19日(土)、12月6日(金)14時から、古川美術館展示室にて開催します。
  2. 平松礼二アーティストトーク: 出品作家であり、「路」シリーズや「ジャポニスム」シリーズを展開する平松礼二氏によるアーティストトークを、2019年11月3日(日・祝)14時から、古川美術館展示室にて開催します。
  3. ホームページURL: http://www.furukawa-museum.or.jp/
00007182.jpg 00007183.jpg

問合せ先

  1. 古川美術館
  2. 〒 464-0066 愛知県名古屋市千種区池下町2−50
  3. TEL:052-763-1991 FAX:052-763-1992

古川美術館

講座・イベント(3件)

生誕130年記念展 「古川爲三郎コレクション 一富士・二刀・三美人 」
イベント
2020年 1月 2日から 2020年 3月 1日 まで(毎週 日曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜)
古川美術館 分館爲三郎記念館同時開催「愛知の工芸2020」
イベント
2020年 3月 14日から 2020年 5月 6日 まで(毎週 日曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜)
連続文化講座 最古の石の発見者足立守が聞く「作品と素材・原料」考
講演・講義
2020年 4月 17日から 2020年 6月 5日 まで

施設(3 件)