豊橋技術科学大学一般公開講座「未来のロボットのための駆動テクノロジー」 
講座・イベント

講演・講義

高校生以上の地域の方に、科学、技術、ものづくりの面白さを知っていただくため、最先端の研究、研究成果の紹介及び,地域の課題解決策などについて講義します。
 今年度のテーマは「未来のロボットの人工筋肉: 高分子アクチュエーター」 です。
映画の世界で描かれる未来のロボットの実現に向けて、革新が必要な技術は何でしょうか?
一つは頭脳に相当する人工知能であり、もう一つは筋肉に相当する駆動装置であると言われています。この講座では、人を優しく支えるロボットための人工筋肉や、体内でも使える極小モータなど、最新のロボット駆動技術について紹介します。

●第1回(11/20)
「未来のロボットの人工筋肉-高分子アクチュエーター」
講師:機械工学系 高木賢太郎 教授
近年、柔らかいロボットの研究(ソフトロボティクス)が盛んになってきています。人と接触しても安全な柔らかいロボットや、運動を補助するロボット装具などが考えられます。生物を模倣したロボットも研究されています。そんな柔らかいロボットに必要な「人工筋肉」にはどのようなものがあるのでしょうか?講演では、外部刺激に応答して変形する高分子(プラスチック)を、ロボット用の人工筋肉として用いる研究についてご紹介します。

●第2回(11/27)
「マイクロロボットが実現する未来」
講師:機械工学系 真下 智昭 准教授
映画「ミクロの決死圏」が上映されて55年が経ちます。このような世界の実現を夢見て、世界の研究者たちはマイクロロボットの技術開発に取り組んできました。例えば、体の中に入っていって診断や治療をする小さなロボットや、小さい部品を操作するロボットなどがあり、一部では、現実のものになりつつあります。最新の海外研究事例や、講演者自身の研究を紹介しながら、マイクロロボットが実現する未来を一緒に考えていきたいと思います。

開催期間

  1. 2021年 11月 20日から 2021年 11月 27日 まで
  2. 開催日:11月20日(土)、11月27日(土)

開催会場

  1. 対面・オンライン同時開催

受講費用

  1. 受講費用:無料

申込み

  1. 申込方法:申込フォームからお申し込みいただくか、受講申込書に必要事項をご記入の上、メール添付にて豊橋技術科学大学地域連携係までお送りください。
  2. 申込先:
    豊橋技術科学大学
    〒 441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1の1
    TEL:0532-44-6569

その他

  1. ホームページURL: https://www.sharen.tut.ac.jp/event/detail.php?y=2021&m=11&d=20#1706
00009443.jpg 00009444.jpg

問合せ先

  1. 豊橋技術科学大学
  2. 〒 441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1の1
  3. TEL:0532-44-6569
  4. E-Mail:chiren@office.tut.ac.jp

豊橋技術科学大学

施設(3 件)

学校(1 件)

講師(6 件)