企画展「じだいをつなぐ 近代・現代陶磁の美」
講座・イベント

イベント

大正から昭和時代にかけて工芸と工業が分化し、美術や陶芸作家という概念が生まれ、近代的な組織や設備を背景にした陶磁器の生産も始まります。窯業がそうした実用本位の大量生産に向かう一方で、鑑賞を目的とする飾り皿やフィギュアリンなど、職人技が存分に発揮された手づくりの優品も生み出されていました。
陶磁器メーカーが養成した画工のなかには、西洋画の画壇でも活躍する者が現れます。名古屋で活動し、没後50年を迎えた市ノ木慶治(しのき けいじ)はその代表的な存在です。
本企画展では明治から昭和時代に焦点を当て、ハンドペインティングによる彼の作品を含めた、クラフトマンシップの息づくプレミアムな陶磁器の数々を紹介いたします。
(毎月第1・第3土曜日13:30〜1時間程度 学芸員によるギャラリートークを開催)

開催期間

  1. 2019年 11月 15日から 2020年 3月 1日 まで
  2. 休館日:月曜日(祝・休日の場合開館、翌平日休館)、12月29日〜1月4日、8月13日〜15日

開催会場

  1. 横山美術館

受講費用

  1. 一般1000円(800円)、高・大学生・シニア65歳以上800円(600円)、中学生600円(400円)、小学生以下無料
    *障がい者手帳をお持ちの方700円
    *( )内は20名以上の団体料金

その他

  1. ホームページURL: https://yokoyama-art-museum.or.jp
00007536.jpg 00007538.jpg 00007539.jpg

問合せ先

  1. 横山美術館
  2. 〒 461-0004 名古屋市東区葵1-1-21
  3. TEL:052-931-0006 FAX:052-931-0008
  4. E-Mail:2017@yokoyama-art-museum.or.jp

横山美術館

講座・イベント(1件)

企画展「じだいをつなぐ 近代・現代陶磁の美」
イベント
2019年 11月 15日から 2020年 3月 1日 まで