企画展「龍門造像記」
講座・イベント

イベント

中国河南省洛陽市の南に位置する龍門には、5世紀末(北魏)から唐代にかけて造営された石窟群があり、内部には壁面に刻された夥しい数の仏像・造像記が現存します。造像記とは、仏像を刻したときの由来を刻した銘文のことで、龍門全体でその数は3,600余りにのぼります。
 その中で書美において際立って目を引くのは、初期に造営された古陽洞(老君洞)と称される石窟にある造像記群です。古陽洞の造像記を中心として特に優れた20点は、龍門二十品と呼ばれ、人々に愛好されてきました。
 今回の展覧会では、館蔵の拓本とコレクター所蔵の旧拓本で、龍門二十品をご紹介します。龍門造像記の自由奔放に刻された豪胆さに目を見開かれることでしょう。古代人の祈りの結晶ともいえる書は力強く、現在を生きる我々に、大いなるエネルギーを湧きあがらせてくれます。

[龍門造像記解説動画上映会+web]
 中国書道史・碑法帖研究者、伊藤滋氏(岐阜女子大学特任教授)による解説動画を公開します。龍門造像記の世界をお楽しみください。そして、ぜひ実物の拓本を味わいに、道風記念館へご来館ください。
 ○上映会日時 12月5日(土)午前10時30分から。
     場所 春日井市道風記念館2階会議室
 ※上映会終了後、午後1時より、展示会場及び春日井市YouTubuチャンネルにて、解説動画を公開します。

開催期間

  1. 2020年 12月 4日から 2021年 1月 17日 まで
  2. 休館日  月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
    開館時間 9時から16時30分まで

開催会場

  1. 春日井市道風記念館

受講費用

  1. 観覧料 一般100円、高校・大学生50円、中学生以下無料

その他

  1. ホームページURL: http://www.city.kasugai.lg.jp/bunka/tofu/index.html

問合せ先

  1. 春日井市道風記念館
  2. 〒 486-0932 春日井市松河戸町5−9−3
  3. TEL:0568-82-6110 FAX:0568-82-6110
  4. E-Mail:tofu@city.kasugai.lg.jp

春日井市道風記念館

施設(1 件)