鑑賞ゲリラ

アート作品の豊かな鑑賞体験をサポートするファシリテーターのグループです。
美術作品の対話型鑑賞を通して、多様な背景を持つ人々の文化交流を目指しています。

「対話型鑑賞」とは、一つの美術作品を皆で対話しながら、それぞれが感じたこと、考えたこと、疑問に思ったことなどを意見交換し、鑑賞を深めていく鑑賞の仕方です。

対話の積み重ねが豊かな感性を育み、次のような経験を得ることができます。

・作品を通じた他者とのコミュニケーション
・他者への理解(異なる視点の存在)
・自身の成長(多様な解釈の創造)
愛知県
〔 生涯学習関係団体 〕
代表者:オオノ ユキコ
設立:2020年9月1日
構成人員:12名(2024年6月)

活動内容

ギャラリーや美術館、オルタナティブスペースで開催される展覧会で、月 1 回から数回、対話型鑑賞会を開催しています。
その他、学校やアートプロジェクトなどに出向き、アートを介したコミュニケーションを図り、異なる感性との出会い・思考の深まり・新たな視点や視座の発見など、内なる楽しみや学びに出会う機会を提供しています。


【これまでの開催場所】

●愛知県・岐阜県内のギャラリー

●美術館
 清須市はるひ美術館/瀬戸市新世紀工芸館/古川美術館分館爲三郎記念館

●オルタナティブスペース
 アートラボあいち/金城市場/長者町コットンビル

●愛知県内の芸術大学・大学院(卒業制作展)

●中学校・高等学校
 東邦高等学校美術科
 名古屋中学校・高等学校 文芸部

●アートプロジェクト
 瀬戸現代美術展
 三谷温泉アートプロジェクト「ととのう温泉美術館」
 こまきアートプロジェクト「点と点と線」
 みのかも annual2022

見て考えて 話して聴いて アートはもっと面白い!

対話型鑑賞は、作品や作家の背景や知識を必ず知る必要はなく、目の前にある作品をしっかり見ることを大切にしています。

同じ作品を見ていても、鑑賞者の経験や記憶、感性によって、印象や注目する点も異なります。

進行係であるファシリテーターは、参加者に質問したり発言を整理し、 異なる意見や感性をつなげて、思考がさらに発展するよう促します。


一人では気づけないような視点や、アートを媒介にしてコミュニケーションを図る楽しさ。
新たな鑑賞体験を、鑑賞ゲリラとぜひご一緒に。

学校、企業、コミュニティ、福祉の現場でも、コミュニケーションの一助として、鑑賞ゲリラの対話型鑑賞をお役立てください。

講座・イベント(全1件)

鑑賞ゲリラVol.47 『俯瞰するつながり』
イベント
2024年 7月 27日(土)