総合型地域スポーツクラブ   >概要 >クラブの作り方 >Q&A

スポーツクラブの概要

1.総合的な種目があります

多種目  多様性  多世代  文化活動も取り入れることができます

自分に合った種目を選択できる
だれでも参加できる
みんなで楽しめる
引退することなくいつまでも活動できる

2.各種目に質の高い指導者を配置します

初心者でも安心して参加できる  地域の大人が子供を育成できる

3.会員が会費を出し合いクラブ運営を支えます

会員がより良いクラブづくりに参加できる

4.いろいろな活動があります

定期的な活動(会員のみ)  スポーツ教室(だれでも)  スポーツ行事・イベント(だれでも)  地域の行事・交流活動等(だれでも)

割安な会費で参加できる
会員以外の住民も参加できる
皆と一緒に健康づくりができる
地域の人と仲間づくりができる
地域の活性化に貢献できる

5.地元の小学校や中学校が活動場所です

子供もお年寄も気軽に行くことができる

6.クラブハウス(拠点施設)があります

地域の人たちが交流する場ができる

7.地域のスポーツ情報を発信します

地域の情報を知ることができる

8.会員がクラブを自主的に運営します

地域のクラブを愛着をもって育てることができる


県内クラブデータ(PDF)



総合型地域スポーツクラブの作り方  活動事例

総合型地域スポーツクラブをつくろう   >Step1 合意形成・啓発  >Step2 設立準備  >Step3 設立・自立

Step1 合意形成・啓発

1. 私たちの地域の「生涯スポーツ社会の実現」について話し合いましょう
2. 話し合いの結果を元に、長期的なビジョン・プランをつくりましょう
3. 発起人会をつくり、地域住民に啓発活動をしましょう
   ・クラブ説明会の開催(地域住民・既存団体)
   ・クラブ設立のキーパーソンとなる人材の発掘
   ・各種団体に働きかけ、実働的な人材を集める
   ・推進母体の形成

<既存の団体との関係>



クラブは既存の団体と並立する関係よりも、それぞれの活動基盤を支える関係を考えるとよい

Step2 設立準備 設立準備委員会の活動

推進母体を元に、設立準備委員会をつくりましょう! 熱意のある人にメンバーに入ってもらいましょう!


Step3 設立・自立

クラブ活動の始まりです


特色ある活動事例

(1) 地域のお兄さんお姉さんが先生

小学校の水泳教室に、地元の高校生が指導者として参加水泳の苦手な子どもたちは大喜び。
高校生も貴重な体験。
メインの指導者は地域の水泳専門指導者と学校の先生。
(2) お母さんが先生

バレーボール教室でママさんバレーボールの部員が指導者となる
中学生VSお母さんの真剣勝負

(3) 授業の中に地域の活動


小学校の授業参観日に、児童、先生、家族、地域の人が一緒になってレクリエーション
学校の運動会と、地域の運動会を合体して開催
(4) 学校施設の共同利用


平日の午前中に、体育館を開放
お年寄りの健康づくりと交流の場
学校との信頼関係
総合的な学習とタイアップ
(5) 地域の行事に参加
新しいイベントを企画
スキー教室
サマーキャンプ
ハイキング
餅つき大会
健康フェスティバル
春夏秋のお祭り
文化活動
伝統芸能活動など