生成的なリーダーシップと対話型組織開発
講座・イベント

講演・講義

「対話型組織開発」という考え方は、2009年の論文(「応用行動科学研究(The Journal of Applied Behavioral Science)」に掲載され、その年のダグラス・マクレガー賞を受賞)で、ジャルヴァース・ブッシュとロバート・マーシャクによって提唱されました。それ以降、組織開発のさまざまな新しい実践、たとえば、アプリシエイティブ・インクワイアリー、オープン・スペース・テクノロジー、ワールド・カフェなどが成功する、ベースとなる理論やプロセスを見出してきました。「対話型組織開発」というラヴェルは、より伝統的な「診断型組織開発」の実践との対比で用いています。彼らは、対話型組織開発は複雑性科学と解釈主義的社会科学の考え方に基づいており、それらをリーダーシップや組織化、変革の問題に適用することの重要性を提唱しています。彼らの画期的な本である「対話型組織開発―転換的な変革の理論と実践」(邦題は仮、英治出版より翻訳本が出版予定)では、新しい組織開発を導く理論家や実践家による著作が掲載されています。この本は、21世紀における、成功する組織開発の実践に向けた、ワクワクするような新しいビジョンをもたらします。今回の公開講演会では、敏速な組織の転換的変革のための基本的な必要条件と、その変化の過程でのリーダーやコンサルタントの役割について、ブッシュ氏から話題提供がされます。

講師 ジャルヴァース・ブッシュ 氏(Gervase Bushe Ph.D)
カナダ、バンクーバーにある、サイモンフレーザー大学ビジネススクールの教授。専門は
リーダーシップと組織開発。組織の構造や文化、プロセスを、指示コントロール型から、
より協働的なありように転換していく過程の実践と研究に30年以上携わっている。100
以上の論文と3冊の本を出版し、著書「クリアー・リーダーシップ」は6か国語に翻訳さ
れている。彼は、組織の変革にアプリシエイティブ・インクワイアリーを実施する研究で
国際的に知られている。2017年のイギリスのHRマガジンでは、世界に影響を与えた人
物として彼を第7位に挙げている。

開催期間

  1. 2018年 7月 13日(金)
  2. 17:00〜19:00

開催会場

  1. 南山大学
  2. D棟B1階 DB1教室

受講費用

  1. 受講費用:無料

申し込み

  1. 申込方法:下記URLよりお申込みください。
    http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/NINKAN/koen/index.html
  2. 申込期間:
    2018年 4月 2日 から 2018年 7月 10日 まで
  3. 申込先:
    南山大学 人間関係研究センター
    〒 466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18番地
    TEL:052-832-5002 FAX:052-832-3202

その他

  1. ホームページURL: http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/NINKAN/index.html

問合せ先

  1. 南山大学 人間関係研究センター
  2. 〒 466-8673 愛知県名古屋市昭和区山里町18番地
  3. TEL:052-832-5002 FAX:052-832-3202
  4. E-Mail:ninkan-c@nanzan-u.ac.jp

南山大学

講座・イベント(2件)

体験学習ファシリテーション〈アドバンス〉
講演・講義・実技・実習
2019年 2月 15日から 2019年 2月 18日 まで
Tグループ〔人間関係トレーニング〕
講演・講義・実技・実習
2019年 3月 8日から 2019年 3月 13日 まで

学校(1 件)

グループ・団体(2 件)